高知へ行く目的


0
    【公演ご案内】

    来たる3月10日(土曜日)
    高知に行きます!
    初高知です!
    というか、
    私はなぜかこれだけ演奏旅行していて初四国なのです…

    高知県高知市升形にある、平和資料館『草の家』にてコンサートを行います。

    いわゆる【高知大空襲】と言われる、先の大戦で焼け野原になった高知県の記録と平和を伝える記念館として建てられた「草の家」。
    その活動に共感したヴァイオリニストの安部慶子さんのもとに集まったミュージシャン達で完全ボランティアで平和支援のコンサートを行います。

    コンサートに行かれないけれど、趣旨に賛同してくださる方、
    また演奏家の交通費、宿泊費カンパしてあげよう、
    という方がいらっしゃいましたら宜しくお願いいたします。
    飛行機代はおろか、新幹線代もキツイので、みんなでこちらから車二台で往復するのです。
    それはそれで楽しいと思いますが(^-^)

    小さな活動ですが、この悲しい事実を風化させないように、 これからの平和を祈らずにはいられません。
    今は私も含め、なんとなく毎日が過ぎてしまい、大切なことが無関心になってしまっていることも多いかもしれません。

    でも、本当の「平和とは?」
    を考えるきっかけになれば… という気持ちを胸に、心を込めて演奏してきます。

    『草の家 音楽の日』
    2018年3月10日(土)

    ●公開リハーサル
    14:00〜(見学自由)
    ●本公演
    18:00開場
    18:30開演
    20:00終演予定

    ●演奏メンバー【Musiciens Cinq】
    安部慶子(ヴァイオリン)
    崎野敏明(チェロ)
    Miguel SOSA(ピアノ、作曲)
    楠山裕子(ピアノ)
    伊勢友一(パーカッション)

    【参加費】
    公開リハーサル ?1,000-
    本公演 ?3,000-
    ご協賛金 一口?3,000-より
    みずほ銀行 港北ニュータウン支店
    普通1172029
    アベケイコ
    お振込みしてくださった方のお名前はフルネームでお願いいたします。
    お手数ですが、協賛金を振り込んだ旨、メールをいただけますと幸いです。
    後日、「とささとプロジェクト」からお礼の品をお送りいたします。

    【草の家 Web site】
    http://ha1.seikyou.ne.jp/home/Shigeo.Nishimori/





    趣意書がよく見えない方はこちらへ…
    https://ameblo.jp/lunalunahime/entry-12354765690.html

    初レッスンと初体験いろいろ


    0
      2歳10ヶ月の子の初レッスン。
      ヴァイオリン始める前の音感トレーニングです。
      こんなに長く教えているのに、
      「3歳未満」と「ヴァイオリン仕様の手ほどき」をするのは初めて。
      このくらいの年の子は5分集中出来たら凄い!のですが、
      どうなるかな?と私自身もドキドキしていました。

      ひかりんはパパとピアノの前で「ら」を弾きました。
      時々「抱っこー!」と言いながら。。。
      もう一台のピアノで即興で伴奏やメロディをつけると、
      「もう一回!もう一回やろうよ!」とニコニコ(^-^)
      そのあと、可愛い絵本のような教本を見て興味深そうに一生懸命!
      終わってご挨拶してパパと話していたら、
      なんと爆睡!(笑)



      小さいながらも緊張してたのかな?
      可愛すぎます!
      時計を見たら30分ぐらい経っていました。
      頑張りました!

      もう一人はチェンバロ初体験!

      この子もピアノと違う初感覚でニコニコ(^-^)

      それから、ホルンの生徒さんから光彦先生へ、とお花をいただきました。


      あ!もう一つ素敵な頂き物がありました!
      それは、また後日改めて…

      スイトピー


      0
        大人の方のレッスン

        綺麗なスイトピーを沢山いただきました。
        春を感じます!



        なぜかしら?
        と思ったら、


        前回のレッスンで初めて二台のピアノで弾かせていただきましたたでしょ?
        本当に感激したんです!!
        私の拙いピアノに、先生が合わせて弾いてくださって、
        素敵で涙が出そうでした。
        この歳になって初めて経験する、
        なんて、なかなかないことで、
        この歳になったら初めて経験するのは病気、と言ったりするでしょう?
        それなのに、こんな素敵なことがあるなんて!!
        これは、ピアノ二台のためにお花を!
        と思ったのです!

        だそうです。

        なんと嬉しいお言葉…
        私も、そんな風に思っていただけて 感激してしまいました(o^^o)

        急な奏楽


        0
          いつものように9時過ぎにオルガンの練習に行ったら、
          会堂が暖房ガンガンと電気が煌々と…
          ん?月曜日は牧師先生はお休みのはず…

          と思ったら、地区牧師会の集まりだそうで、
          練習は、始まるちょっと前までいいですよ、と。

          でも、もし賛美歌弾いていただけたら有難いな…
          テープで伴奏を流そうと思ってたんですが…

          えー?と思いながら…
          前奏と賛美歌2曲と後奏を弾いてきました。
          あー、ビックリした(笑)
          洗礼受けてまだ一年ぐらいしか経っていないし、
          オルガン初めて10ヶ月足らずの私が、
          牧師ばかりが集まっている礼拝でオルガン弾くって…

          でも、昨日の礼拝の奏楽だったので、
          お陰様で前奏も練習してあったのでよかったです。
          昨日、ちょっと足を踏み外したところもリベンジできたし、
          復習の日でした。

          そんな突然ドキドキな午前中でした。

          そうそう!
          スカートをはいていたのもドキドキだったのです。
          何故って、足鍵盤が見えなくなるのです。
          パンツをはいていれば、足の隙間から足鍵盤を覗けるから…。
          でも、いつも怖くて足を見てしまうので、
          今日は足を見ない練習もできたので、
          収穫ありでした。

          あ、でも、そう考えながらも、
          賛美しながら弾いているつもりですが。

          午後からは雪!
          夜の庭は綺麗です。

          チェンバロの爪替えました


          0
            先日、思い切ってチェンバロの爪(プレクトラム)を替えました。

            チェンバロの先生に、
            うちのチェンバロ、なんだかホワホワしてる…
            と言ったら、
            ちょうど茅ヶ崎でお仕事の時、
            うちでレッスンしてくださって、
            ホワホワの意味わかったわー、
            ほんとねー、
            と。

            その後、爪替えてみましょうか?
            ということになり、
            お忙しい中、日にちを設定してくださり、
            遂に!!



            爪が折れて、一本交換するのもちょっと手間なのに、
            8フィート2段分122本の爪を替えるのです。

            爪は先生がギタルラ社で
            厚めのシートを買って来てくださり、
            それをハサミでカットして、
            ジャックにはめ込めます。

            私が戦力になるのか心配でしたし、
            どうなるのかと思いましたが、
            3人の連携プレーで、 4時間ぐらいでなんとか取り替えることができました。

            微調整はこれから弾きながらしていきますが、
            弦に対して抵抗のあるプレクトラムになり、
            輝かしい音になりました。

            ポディーにも響きが伝わり、
            生き生きしてきました。

            やはり素材が薄かったようです。
            出したい音に反応してくれそうです。

            とにかく爪も小さく、0コンマ何ミリのとても繊細な仕事でした。
            そういう職人的な地味な仕事でしたが、
            同じことを繰り返しているのに飽きることもなく、 とても幸せで楽しい時間でした。

            チェンバロの運搬や調律などをしてくださる写真左の彼は、
            「初めて楽器の心臓部の仕事をさせてもらって、
            ホントに楽しかったなぁー!」
            と、何度も感激していました。

            終わったあとは、
            茅ヶ崎のビアレストラン、ホップマンでビール三昧。

            実は、これも計画の中に入っていて、
            早く終わったのは、ビールのおかげかも…(笑)



            これは飲み比べビール。
            30種類もあるのでかなり飲みましたよ!!

            良い日でした!(^O^)/

            | 1/71PAGES | >>

            カレンダー

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            25262728   
            << February 2018 >>

            エントリー

            カテゴリー

            コメント

            トラックバック

            アーカイブ

            リンク

            profile

            サイト内の検索

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            みんなのブログポータル JUGEM